2013年01月19日

No-Fes.I

R1052132.jpg
金曜までいいSETはいった後、弱めの冬型な土曜日。
んもーお祭り騒ぎが予想されましたが、みなさんどーでした?
深いのヤダーw
DSC_1550.jpg
って、こうゆうときこそ、ずっと考えていたPLAN実行のチャンス。
いつもの斜面はいい感じのpowderなんだろうけど、
珍しく駐車場にいかにもーってメンツがいたのもあって、
いつもなら貸切なのに・・ってことでパスして、
CATに乗って上まで行ってみる。
CATには偶然、美谷島慎くんや遠藤さんも乗り合わせているという。
それはそれはキレイな青空で、乗車中から慎くんとニヤニヤ。
CATを降りて少しハイク。
僕は無難な斜面をチョイス。
もし誰かを連れていくとしたら低リスクでこのへんかなーと、
前から見ていた斜面。
・・・。
うーん、麓から見てたのとは違って結構、風に叩かれてマス。
気持ち良かったのは4ターンくらいかな。
DSC_1558.jpg
んで、また山頂へ登り返し、観光ルート沿いにDROP。
この前の南岸でドカンと積もった上に10〜20cmくらい。
斜度はエキサイティングではないけど、
ターンもできるし地形HITしながら下りてきたよ。
FLOATERltd.で滑りましたが、FLYING CARPETとかだともっと楽しそう。
お金はかかるけど皆でワイワイ滑って下りてくるには、いい感じじゃないかと。
脳内にはずっとDVD「雪めぐり」の最後のパートの曲が流れてたね〜。

一番嬉しかったこと。
今回のような場合、tomoは観光ルートを下るというパターン
だと思いきや・・気がつけば僕のトラックを追っているww
ちょっとそーゆーの楽しくなってきたのかな。
途中、ちょっと落ち系のラインもあったと思うんだけど、
どうやって処理してきたんだろ??
なんせ、今までそんな姿見たことがなかったので、雪面から顔を出してる、
まばらな小さい木の間を滑り抜けてくる彼女の姿を見て、
そんな大した斜面ではないのだけど、こんなポイントで、
2人して同じラインを滑れるなんて夢にも思わなかったのでとても嬉しかった。
彼女の目・脳内にはこの山がどんなふうに見えてるんだろ。
いい天気。
いい雪。
初めてのCAT。
夏に一緒に登った山。
そんな共有ができた、とても意義のある、楽しい1日でした。
DSC_1562.jpg
で、渋温泉の宿を格安で確保したので、ナイターへTTで向かう。
前回ほどキョーレツに寒いわけではなかったのだけど、
もうピステンが柔らかすぎて・・w
でも、こういう場面で乗って確認することで、
特に今回は前後方向の乗り位置の補正ができた。
結構、前に乗ってたのね。。
DSC_1566.jpg
ナイターの後はL.O.滑り込みセーフ、中野の「あすぺる樹」へ。

DSC_1561.jpg
渋温泉の旅館はもう布団がひいてくれてあって10畳コタツ付き。
建物の老朽化は仕方ないけど、こういうところ好きだぜ。
posted by yossy at 23:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | SNOWBOARD'12-'13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。